スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも

ここのところ、競馬場通いが続いています。
先週、ジャンヌ・ゼロと中山競馬場に行き、水曜日も大井競馬場、でもって今日も中山競馬場。
交通費など気にしていられません。
本日は午後からの途中参加でしたが、雨も降らず曇り空で天気としては良かったと思います。

先週からずっと、テレビだったり現地だったりの違いはありますが、競走馬の不幸な姿を目にする機会があまりに多い。
純粋に悲しいんだけれど、実際に一番苦しいのは馬自身で、次に彼らに関わってきた人なんだろう…と考えると、私は何も言えなくなってしまう。
その馬の個性もまるで知らないのに死だけ認めてるっていうことが、何だか申し訳なくて、自己満足に過ぎないとわかっていてもせめて覚えていられる間は覚えていたいと思うのです。

本当にね、言葉にならんのよ…。
正直、見ている人が限られてると言っても、考えがまとまっていないし甘っちょろいことを書くのはどうかとも思ったんだが…。

悲しみは受け止めるもの、という感覚が板に付いてきたのかも知れない。
タイトル何にしたらいいのやら | Home | スマファ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。