スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツアー2日目③当歳・前半

オータムセール2日目でインストレーションの全妹がDr.コパさんに落札されましたね。
コパさんと庄野牧場さんのツイッターの呟きで、
ラッキカラーにあやかって栗毛牝馬を探しに~なんて呟いて日高に向かうコパさんに、
ライラックノカオリ12を上場する庄野牧場さんという流れをなにげに見ていたので、
まさかの顛末になんかもうすごいびっくりしました(笑)
栗毛牝馬の全妹、可愛い名前が付くといいですね~。
目指すはラブミーチャンですね(笑)

さて、
ツアー2日目の当歳展示の写真です。
純粋に可愛いです!
出資検討のために厳しい目線を持たなくてもいいので、愛でまくりでした(笑)
募集予定馬ということですので、無事にみんな募集となればいいなと思います。

これまで1歳馬の見学はバス4台で一緒に移動していましたが、
当歳については1台ずつローテーションで4か所を巡る形でした。
なので私が見た順番にアップしていきます。

【ディアジーナの13 父ステイゴールド 牡 芦毛】
母父メジロマックイーンの言わずと知れた黄金配合の男の子。
今年の産駒がステイゴールドなのは知っていましたが、
まあシルクには来ないでしょ、なんて思っていたんですが来ましたね。
芦毛の黄金配合で思い浮かぶ馬もいますし、やっぱり人気するんでしょうね。

2013/9/29ディアジーナ13

いきなり人が集まってきたからか、バタバタしてました。
2013/9/29ディアジーナ13

バタバタその2。
2013/9/29ディアジーナ13

お顔はきりっ。
2013/9/29ディアジーナ13

【ベッラレイアの13 父ディープインパクト 牡 鹿毛】
3年連続のベッラレイア仔。全姉同様に人気になりそう。
性別はご覧の写真の通り(笑)
ここではディアジーナとディフィカルトと3頭の見学だったのですが、
その中でも一番人に囲まれていのにもかかわらず結構落ち着いている印象でした。
お姉さん2頭は小柄ですけど、この子は牡馬に出て大きさがどうなるんでしょうね。

2013/9/29ベッラレイア13

2013/9/29ベッラレイア13

【ディフィカルトの13 父ワイルドラッシュ 牡 青鹿毛】
セレクトセールでシルクが落札したうちの一頭。
テスタマッタの半弟です。G1馬の弟ですよ!
シルク的にはテスタマッタにはフェブラリーSでの因縁があるかも知れませんが、
半弟が来るのであればやはり頼もしいと思うのですけど、どうでしょう。
個人的にはトランセンドと同じ父ワイルドラッシュというのがグッと来るところです。
ディアジーナと同じく、少し落ち付かない素振りでしたね。
すらりとした馬体にぱっちりし過ぎたくらいの大きな瞳が印象的。

2013/9/29ディフィカルト13

2013/9/29ディフィカルト13

目つきが悪いとも言う…(笑)

2013/9/29ディフィカルト13

イヤリングのスタッフさんにお伺いしたところ、
ディアジーナとベッラレイアはこの三日前に来たばかりということでした。
落ち着いてなさそうに見えた2頭も、
後続の方々の見学の時にはすっかり大人しくなっていたようです。

【クラウンピースの13 父ダイワメジャー 牝 鹿毛】
クラウンピース2年連続。
この馬の珍しいところはダイワメジャーっぽくないところ(笑)
もう1頭のダイワメジャー仔と見比べると一目瞭然。
独特のころんとした感じがないんですよね。
これが良いのか悪いのか、成長して変わるのか…。
来年度のカタログで成長した姿を見るのが楽しみです。

2013/9/29クラウンピース13

2013/9/29クラウンピース13

2013/9/29クラウンピース13

【バロネスサッチャーの13 父ダイワメジャー 牝 栗毛】
こちらはダイワメジャーって感じです。
当歳でもいかにもな特徴が出るものなんですね。
某白毛さんに人が集中していたために、
クラウンピースとバロネスサッチャーは割と愛で放題(笑)
そのせいか2頭は既に固定ファンが着いてしまったように見受けられました(笑)
自分はこの子が可愛くて可愛くてたまらず、たくさん撫でてしまいましたよ~。
眠かっただけかも知れませんが、とても大人しかったです。

2013/9/29バロネスサッチャー13

2013/9/29バロネスサッチャー13

2013/9/29バロネスサッチャー13

この角度で見ると、顔の形もやはり父の影響か。

2013/9/29バロネスサッチャー13

【ユキチャンの13 父ハービンジャー 牝 白毛】
白毛が好きな人は歓喜ですね!
毛色だけで人気しそうです。
当然のように生まれる人だかり。
私はギャラリーの少ない他の2頭を長く見ていましたけれど…(笑)
親戚のブラマンジェやマシュマロは競馬場で見たことあるとはいっても、
やっぱりその白さを間近で見ると神妙な気持ちになります。
放牧で汚れた馬体を洗うなら、これくらい白いと洗い甲斐がありそうだなあ…。

2013/9/29ユキチャン13

2013/9/29ユキチャン13
ザッツフェイマス新馬戦! | Home | ツアー1日目④夕方から夜へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。